遠距離介護ダイアリー

東京と東北間での遠距離介護は突然始まりました。私はホームヘルパ ーを25年以上やっており色々な在宅介護を目の当たりにしてきました。人間誰にでも訪れる介護の話を日々綴っていきたいと思っています

サプライズにならなかった母の日

今年も例年と同じく、ネットで母の日のお花を注文しました。 サイトにサプライズはできませんとは書いてありました。 でもちょっとはサプライズになるんじゃないかと期待していたんです。 配達の際に自宅にいるかどうかの確認の電話をする事になっています。…

無視されちゃった

今日は父から電話が来ました。 心配した体調不良はなかった様で良かったと思いました。 と言いう事は? 何があったの? 「今日はね、ヘルパーさんに無視されちゃったんだよ。」 「無視された?どういう事?いくら何でも無視はしないでしょ。」 「今日はねお…

脳梗塞の再発かと思いました。

夕方ヘルパー管理者さんから電話が来ました。 電話の要件は訪問が15分ほど遅れるという電話でした。 それだけなら良かったんですが、 「今日朝訪問したヘルパーからの報告で、お父さんのよだれが 今日すごく多かったって言うんですよ。」 「あら、そうなん…

介護者の言い分、要介護者の言い分

高齢者夫婦は必ずしもおばあちゃんがおじいちゃんを介護するとは 限りません。 どちらが先に要介護の状態になるかは誰にもわからない事です。 好んで介護者になった訳でもなく、好んで要介護者になった訳でも ないんです。 介護度の見直しをした方の担当者会…

転倒は本当に怖いです

まだ60代で透析の通院介助を利用しているAさん。 若い時の不摂生で、糖尿病からの透析になってしまったとご本人が 言っていました。 透析後は多少の不調はありますが、普段はまだ若い方なので普通に 過ごされています。 息子さん家族が同居されていますが…

今日は訪問を忘れられちゃいました

今日は世の中は祭日真っただ中。 でもヘルパー事業所には休みはありません。 私も今日は出勤です。 普通にお仕事。 仕事終わりの5時半に父から電話が来ました。 今日は随分早い電話でした。 「今日は5時にはヘルパーさんがくるはずなんだけど、まだ来て 無…

ミキサー食が飽きちゃったって

鼻の中に悪いものができてしまったおじいちゃん。 それが徐々に大きくなってきて、固形物を飲み込むのが大変に なってきてしまいました。 元々調理の援助で訪問していましたが、ここ1か月は娘さんが 食事の面倒を見るという事で、調理は中止していました。 …

近づくコロナ

こんな田舎にも少しずつコロナが近づいている様です。 この目に見えない敵が、ゆっくりゆっくり近づいています。 同僚ヘルパーの旦那さんの会社で、県外に出かけたことを誰にも 言わず、普通に出勤してきた20代の新人社員がいたそうです。 その人がコロナ…

いつでも変わらぬ母です

今日また東北に少し強めの地震がありました。 東京でも揺れていました。 そういう時、必ず母は電話をくれます。 「そっちは大丈夫だった?孫たちも大丈夫?」 その電話を受けた時、私はちょうど車の中で、同僚のケアマネ さんと一緒でした。 母の声はいつも…

ヘルパーはただのおばちゃんじゃないはず

訪問介護員。ヘルパーの事です。 訪問介護員として働くには、最低限の資格がないとできない事に なっています。 私たちの事業所の職員は全員が介護福祉士です。 介護のプロ集団です。 というか、どこの事業所でもみんな介護のプロ集団だと思います。 それで…