遠距離介護ダイアリー

東京と東北間での遠距離介護は突然始まりました。私はホームヘルパ ーを25年以上やっており色々な在宅介護を目の当たりにしてきました。人間誰にでも訪れる介護の話を日々綴っていきたいと思っています

訪問介護エピソード

誰もいないのも困るけどいすぎるともっと困る。

今日は新規の利用者さんの退院前のカンファレンスにケアマネ さんと一緒に行きました。 一人暮らしの女性で、腰椎椎体骨折で約2か月入院しリハビリを行って 今回やっと退院の許可が出たようです。 胸から腰までの大きなコルセットを24時間装着したままで…

利用者の事は家族よりケアマネよりヘルパーが知っていた。

毎日2回訪問していたトモオさん。 いつも体調を伺えば決まって 「なんともない」 と答えられる。 入浴介助でご家族が浴槽に入れてくれたお湯がいつも残り湯で 明らかに冷めたお湯でも 「なんともない」 痛くないか、痒くないか何を聞いても 「なんともない…

火事の原因がわかりました。

昨日の続きです。 朝から昨日の火事騒ぎの余韻が残っていました。 息子さんはどこで休んだのか、これからどうするのか。 想像ばかりが膨らみます。 包括は私たちより30分遅く出勤します。 出勤するとすぐに昨日のその後を話してくれました。 息子さんから…

午前に訪問した利用者宅が午後に全焼しました。

ヒデオさん。息子さんと二人暮らし。市内には娘さんもいます。 高齢で糖尿病がありインスリンもやっているので、減塩食の柔らかめ の調理をしに週3回訪問しています。 食材は息子さんが外の小屋の中にある冷蔵庫に入れてくれています。 ヘルパーは訪問する…

疥癬の利用者さんに薬を塗りに行ってきました

先日疥癬がわかった利用者さん。 その記事がこちら ↓↓↓↓↓ www.maple-enkyori.com 包括の担当看護師が、遠方に住む娘さんに電話でお知らせをしました。 ・ダニが原因の疥癬に感染してしまった事。 ・軟膏や内服薬が処方になったが適切にできるかわからないと…

今日は7件訪問しました。

今日のお仕事は各ご家庭を訪問です。 久々に1日に7件回りました。 午前4件、午後3件。 事業所の中でデスクワークしているより、訪問の方が好きなんです。 各利用者さん達、皆さん待っていて下さいます。 1件目はご夫婦で服薬忘れをしてしまうお宅に服薬…

事実ではない事を本当の事の様に話をするご夫婦

2Wくらい前から自分の妹さんが亡くなったり、生き返ったりを 繰り返しているC子さん。 訪問すると号泣していました。 何があったのか伺うと、東京にいる自分の妹が亡くなったとの事。 それは悲しくなるのは当然です。 こちらから何かを聞き出したのではなく…

在宅の利用者から疥癬が出ました。

今日ヘルパーで通院介助した利用者さん。 もうだいぶ前から体がかゆく、何回か皮膚科受診して飲み薬や 軟膏を処方してもらいましたが、いっこうに改善しませんでした。 本当は24日が次回の皮膚科通院でしたが、どうしても痒みが 強く我慢ができないという…

今日は爪切りの日なんですって

今日のお仕事は通院介助。 転倒してわき腹を痛めてしまったおじいちゃんを かかりつけの病院に連れて行きました。 診察待ちで診察室前の廊下で待っている時、ふと廊下の 壁に目をやると、ポスターが貼ってありました。 爪きりに時間がかかる? 面白いポスタ…

お餅はご家族と一緒の時に食べていただけませんか。

本日の訪問エピソードです。 平日毎日2回訪問をしている友也さん(仮名70歳) サービス内容は排泄介助後にご家族の準備した食事を 提供させていただく事。 30分の身体介護です。 今日から平日で新年最初の訪問でしたので、訪問時は 新年のご挨拶をして…

利用者さんと作品をコラボするかも

元々工業高校の先生だった利用者さん。 ヘルパーと契約した当初は顔色も悪く元気が出ない状態で、 趣味を楽しむ余裕もありませんでした。 契約だけしてヘルパー利用をしていなかったこの利用者さん。 先日認定の更新で担当者会議が行われ、1年ぶりにお会いし…

訪問先で見つけた素敵な言葉

各ご家庭に訪問すると、昔書いたとか作ったとか 素敵な作品を目にする事があります。 その中で、最近出会った作品をご紹介します。 玄関に飾ってあった額です。 墨で描かれたさし絵も自分で書き上げたものだそうです。 ここに書かれている詩は、昔新聞に載っ…

朝の挨拶でとっても気分が良かったです。

昨日のお仕事はいつものバスに乗っての通院介助。 そのバスで素晴らしい出来事がありました。 ここ田舎のバスは東京と違って定額制ではなく、距離によって 料金が変わっていきます。 だから乗車が後ろ、降車が前となっています。 後ろからの乗車なので、バス…

本当は世話好きなおじいちゃんだった。

先日何も家事ができないおじちゃんの事を書きました。 そのブログがこれ ↓ ↓ ↓ ↓ www.maple-enkyori.com 訪問しお会いしました。 訪問するとシャツとズボン下のままストーブの前に横になって おられました。 やはり何を着ればいいかわからないといった感じで…

力を使わない次世代介護のデモ機が来た

現在介護職の人の何%の人に腰痛があるんでしょうか。 移動・移乗にはどうしても抱き上げが必要だし、側臥位にするにも 大きい方だと多少の力が必要となります。 そんな介護が重労働となり、腰痛を起こして離職につながるケースも 多いと思います。 そんな介…

何もできないおじいちゃん

この田舎はどこの地域にも、近所に一人くらいは世話好きな方がいます。 先日ある地域の世話好きなおばあちゃんが、脳梗塞で倒れ救急搬送されて 入院になりました。 今日話題となったのが、その旦那さん。80代の元気なおじいちゃんです。 急におばあちゃん…

手を抜く事、ずるくなる事を教えなきゃ。

在宅介護は1週間で終わるものではありません。 頭では皆さんわかっています。 先日の続きです。 このブログです。 ↓ ↓ ↓ ↓ www.maple-enkyori.com ヘルパーの訪問を開始し、昨日ケアマネが訪問して娘さんに話を 聞いてきました。 当初の計画は冷蔵庫の中にあ…

大人の恋愛が。驚きの現在。

www.maple-enkyori.com このお二人の現在。 久男さんは関東に住む長女さんの所へ行く事になりました。 それが一番だとみんなが思いました。 そう思わなかったのがツルさんただ一人。 ツルさんはやはり久男さんがいなくなってしまう事に納得がいかず、 その怒…

33歳の娘さん

最近の若い人は・・・ なんて言葉をよく聞きますが、最近の若い人でも素晴らしい人は 沢山います。 昨日お母さんの退院に合わせて、ヘルパーと契約をした娘さん。 お母さんは私と同世代。 2月に脳幹梗塞を発症し、入院加療後リハビリをして昨日自宅に 戻ら…

10日分の薬代金が4万円を超えた

パーキンソン病の患者さんKさんにとって、内服薬は三度の食事よりも大事な 物として管理されています。 Kさんのパーキンソン病は進行は緩やかなのかもしれませんが、今現在は 薬が切れているOFFの時はベッド上で寝返りもできない状態になります。 私たちヘル…

80代の母が50代の息子を看病

今日お掃除で訪問した一人暮らしのおばあちゃん。 悲痛な叫びをあげていました。 このおばあちゃんの息子さん(独身)があまり良くない病気になって しまいました。 息子さんは同じ市内に自分の家がありますが、病気になってから 週3日くらい実家にくる生活…

高齢者の恋愛?そして同居。しかし・・

ツルさんと久男さん。お二人とも80代。 お二人はどちらも配偶者を亡くされています。 そんなお二人はカラオケ喫茶で知り合われ、その後同居生活をされています。 元々久男さんは自宅があり、そこに長女さんとその長男(孫さん)と暮らして いました。とこ…

絶対泊まらない息子さん。後悔はないのか。

先日一人暮らしのおばあちゃんが亡くなりました。 そのおばあちゃんには退職している息子さんが同じ県内にいました。 おばあちゃんは昔から頑固で、他人のいう事をなかなか聞かない 性格で、息子さんのいう事も聞きませんでした。 だんだん身体も弱くなって…

気の毒なくらい落ち込んでいるシゲオさん

シゲオさんご夫婦。ふたり暮らし。 おばあちゃんが軽度の認知症で、毎日朝の服薬確認のため訪問を しています。 軽度の認知症とは言っても、食事の準備や片付けもシゲオさんが やっていて、おばあちゃんはやりません。できません。 生活はほとんどをシゲオさ…

アルツハイマー型認知症のおはなしという冊子

仕事で立ち寄った調剤薬局で見つけました。 そしてこれを無料配布していたんです。 それも「セットでどうぞ」って 6冊もあります。 ① もの忘れ編 ② 会話減少編 ③ 意欲低下編 ④ 食欲低下編 ⑤ ADL低下編 ⑥ 貼るお薬のお話 まずもの忘れチェックリストから始ま…

水子供養だった

今日のお仕事。またまた通院時乗降介助。 今日は長年婦人科に通うA子おばあちゃんと付き添いの娘さんを乗せて 個人の婦人科へ。 行きにお送りした時は全然気が付きませんでしたが、お迎えに行った時 病院玄関の自動ドアの両端になんと塩が盛ってありました。…

85歳で現金収入を得られるって凄いです。

今日は通院時乗降介助で車に乗せたおばあちゃんの話。 利用者はおじいちゃん。 おじいちゃんの院内介助はおばあちゃんが行うので、私は 車の乗り降りだけのお手伝い。 今年の暑さも元気に過ごしたお二人。 おじいちゃんはデイサービスに通われているので、快…

大正生まれの人の免疫力はすごかった

私がまだヘルパーになりたての頃の話です。 私たちの仕事に食事の提供があります。 それは、調理だったりあるいは冷蔵庫にあるもので食事のセッティング をする事だったり、利用者様ごとに様々です。 ある大正生まれの一人暮らしのおじいちゃん。 この方は近…

感じの悪い家族さん

お盆シーズンに入り、遠方から帰省する家族さんがあり、 訪問をキャンセルされるかたもたくさんおられます。 年に一度の帰省で、田舎で待つ高齢者の方々は本当に楽しみに しておられます。 私もそうですが、冬は飛行機が飛ばなかったり、電車が止まったり す…

きっとお嫁さんが迎えに来たんだ

連日の暑さです。熱中症には気を付けないと・・・ そんな中、87歳のおばあちゃん。 食事も摂れず、水分もほんの少量しか摂っておらず、家族は心配になり 病院受診させることにしました。 元々何に対しても拒否の強い方で、レンタルのベッドを使用しないか…